• 東京陳式太極拳倶楽部ブログ
  • 名古屋陳式太極拳倶楽部
  • 東京中国武術協会
  • 中華ぞうすい
  • 渋谷カイロプラクティック整体院
  • プチポケサーバー

当倶楽部の羽根田淳子講師が参加された、太極拳発祥の地、
陳家溝における研修会のレポートです。陳家溝四傑のひとり、
王西安老師に直接ご指導いただきました。

8月7日から14日まで東京陳式太極拳研究会主催 「王西安老師指導研修会」に参加してきました。 大まかな日程と内容などをご報告いたします。

少林寺正門
7日
 09:30羽田発
 12:00北京着 14:40北京発
 16:00鄭州着 バスにて登封に移動
 20:00少林寺にて「音響大典」を観劇
          少林寺内「禅居飯店」宿泊
 移動と少林寺のショーで一日が終わりました。
 少林寺での音響大典ですが、山一個を舞台にした音と光の一大ショーで、浦安にある○○ランドのパレードのようでした。少林寺が世界遺産に認定されたそうで、観光客目当ての大掛かりな仕掛けがしてありました。  
 宿泊した禅居飯店はカビ臭い部屋でしたが、私のところはまだましな方で、水回りが全滅の部屋もあったようでした。
8日
 午前中 少林寺を散策
 午後 龍門石窟を見学 バスにて温県に移動
 「温県銀苑酒店」宿泊
だるま太子の坂道
少林寺では達磨大師が面壁した洞窟まで登りましたが、これが結構きつい。年配の方は途中で下山することになりました。
龍門石窟の川沿いに彫られた仏像の数々は一見の価値あり。ここも世界遺産です。
だるま太子の洞窟
一日が観光で終わりましたが、いずれにせよかなり歩くので、体力が必要です。
 銀苑酒店の部屋は禅居飯店よりもましでしたが、今度は大変タバコ臭い。
 夜には王西安老師と対面しました。フランスから帰国されたばかりとの事で、
お疲れのご様子でした。
9日
 09:30~12:00練習
 15:30~18:00練習
銀苑酒店内の会議室にて老架1路 起勢~単鞭まで。
 起勢から右へ展開する時の右手の動き。
 金剛の脚のひきあげ。
 六封四閉の手型。
 単鞭の左手の軌跡。
 以上が主な注意点でした。あとは、ひたすら繰り返し。
 太極拳道交会の方々と香港、イタリアなどから来られた方々と、多国籍、多人数での練習になりましたが、会場が狭い。年会(大会)前という事もあり続々と人が集まってくるのですが、王老師はお一人な訳で、会場内を渡り歩いておられました。最終的には40名程度に人数が増えていました